過敏性腸症候群と整腸剤

もうひとつ効果があった治療法で整腸剤もありました。
いくつか試した結果、自分はある整腸剤が合ったようですので紹介します。

新ビオフェルミンS錠

まず試したのがテレビCMでもおなじみの新ビオフェルミンS錠。

しばらく使ってみましたが、あまり効果は感じませんでした。
ただ、同じ武田で出しているビオフェルミン下痢止めは外出先で購入したことがあり、突発的下痢には効果がありました。

ザ・ガードコーワ整腸錠

こちらもテレビCMを見て、「便秘にも、軟便にも」のキャッチコピーに惹かれて効果あるかな?と思って購入。

残念、こちらもイマイチでした。
ビフォフェミンもザ・ガードもどちらもビフィズス菌なんですね。
どうやら自分の体質にビフィズス菌は合っていないようです。






ミヤサリン

最後に試したのがミヤサリン。
実は私は別な疾患で異汗性湿疹というものももっていて、その治療にミヤサリンとビオチンを服用すると効果があるという話を聞いて試したのですが、メインの異汗性湿疹より過敏性腸症候群の方に効果があったのです(笑)

こちらはビフィズス菌ではなく酪酸菌(宮入菌)という善玉菌が腸の調子を整えてくれるようです。
整腸剤なので下痢型だけではなく、ガス型の過敏性腸症候群の方にもおすすめできますね。
価格もそれほど高くなく、今でも常備しています。

過敏性腸症候群はやはり腸内環境か?

別記事の果物で過敏性腸症候群を完治したことや整腸剤も効果があったということは、やはり原因のひとつに腸内環境があると思います。
もちろん他にもストレスや様々な生活習慣も関係していると思いますが。

食事や生活環境も注意して過ごせば、過敏性腸症候群も治ると感じています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク